×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびと冷え性の関係 | ニキビ痕を残さない

にきびと冷え性の関係

にきびと言うと、テカテカしたアブラ肌を想像しませんか?

確かに、にきびは毛穴が詰まってそこに皮脂がたまったものですから、皮膚のアブラとは切っても切れない関係にあります。

そのアブラ肌とかオイリー肌といいますが、実は冷え性と関係があることをご存知でしたか?

冷え性の人の体質は、血行が悪く代謝もスムーズでない人ですが、その為からだを保護しようと皮脂の分泌が盛んになりがちなのだそうです。

この現象は皮脂をたくさん出すことによって皮膚を覆うことで保護し、からだの中の熱を外へ逃さないためだと言われます。

水温の低いところで泳ぐ寒中水泳や、長く水中で泳ぐことになる遠泳の選手は、からだに油を塗って泳いで熱と体力の消耗を防ぎますが、これは冷え性の人がオイリー肌になるのと同じ仕組みです。

冷え性を改善するために、足浴や手浴なども結構ですが、確かに一時的にポカポカと手足が温まるものの、からだの中が冷えていればすぐにもとに戻ってしまいます。

そこで、冷え性を改善するには、からだの中に熱を運んでいるのは小腸ですから、その小腸の働きを元気にすることで、内面から期待できます。

食事などをすると食べたものを小腸の運動によって大腸へと送り出します。
その運動、即ち蠕動運動が熱を作り出し、血液を温めて全身へ送りだしていくわけです。特に、心臓が昼間より休憩モードに入る夜間は、小腸にがんばって運動してもらって温かい血液を送り出してもらいたいものです。

そのためには、食べたものが眠りにつく時には小腸に届いた状態になっていることが好ましいので、寝る3時間ほど前からは食事をしない習慣をつけましょう。

にきび対策のために冷え性対策を、というのは意外なところでつながっていますね。