×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛穴あれこれ−その1 | ニキビ痕を残さない!

毛穴あれこれ−その1

にきびは、毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態になっています。
その症状により、白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれ、対処法もさまざまです。

にきびの住み家となる毛穴について、少しでも知識を持っていればにきびへの対処法や向き合う姿勢も変わってくるかもしれません。
ここでは毛穴について少し説明したいと思います。

まず、顔面にある毛穴には3種類あります。
うぶ毛が生える軟毛性毛包、ヒゲや髪の毛が生える終毛性毛包、そしてもう一つは、うぶ毛は生えるが大きな皮脂腺を持つ脂腺性毛包です。
軟毛性毛包と終毛性毛包は顔と頭部にあり、脂腺性毛包は顔のほかにも前胸部や背中の中央部にあります。
脂腺性毛包にある皮脂腺は、皮脂を大量に分泌する大きなものなので、前胸部や背中にもにきびができやすいのです。
デコルテにきびや背中にきびと呼ばれるものですね。

毛穴の役割としては、毛を生やすことの他に皮脂を分泌することがあります。
毛穴の奥にある皮脂腺はぶどうの房のような形で毛根にぶら下がっており、ここで皮脂が作られ毛穴を通して皮膚全体に分泌されます。
皮脂は皮膚の表面をなめらかにして、乾燥から皮膚を守る役割があります。
にきびに関して言えば、どうしても悪者にされがちな皮脂の存在ですが、皮膚の保護のためになくてはならない存在でもあるのです。

毛穴の詰まりがにきびを作る原因となっているのですが、毛穴には詰まらないようにする自浄作用はないのでしょうか。
じつはあるのです。
皮膚が正常に代謝をしている場合では、皮膚の一番上の角質細胞がはがれて毛穴の中にたまったものは、皮脂と一緒に毛穴の外へと排出されます。
また、毛が伸びるときに毛に付着して排出される部分もあります。
しかし毛穴に自浄作用があるとはいえ、皮膚の代謝は滞りがちなので、定期的にお手入れをしてあげる必要があります。