×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

角栓を押し出す方法 | ニキビ痕を残さない!

角栓を押し出す方法

鼻のあたまにできたポツポツを指で押して、ムニューッとアブラのかたまりを抜いた経験のある人はどれくらいいるのでしょうか。経験した人はわかると思いますが、アブラのかたまりが長く抜けると結構気持ちが良くて、くせになってしまう感覚ですよね。

ところで、このムニューッと出てきたアブラのかたまりこそが、角栓です。
角栓とは、皮脂腺から出てきたアブラと、古くなった角質細胞が毛穴の中で合わさったものです。角栓があるだけでは炎症は起きませんが、にきびの原因になることもあります。

この角栓、自分で押し出すことは皮膚にダメージを与えたり、ばい菌が毛穴に入る可能性もあるため一般的には良くないといわれますが、皮膚科医の中には皮膚に雑菌が入らないように衛生面に注意して行なえば大丈夫とする意見もあるようです。

安全な角栓の取り方

まず角栓をやわらかくしておく必要があります。

日頃から化粧水や美容液をつけたり、お風呂でやさしくマッサージするなどして角栓を柔軟化させておきましょう。

角栓が固いままでは、押し出すときに余計な力がかかり、肌を傷つけてしまいます。

十分に角栓がやわらかくなったら、コットンを狙った角栓の両サイドに置くか、指にガーゼを巻きつけるなどします。そして、両指で角栓を押し出すようにV字に圧力をかけていきます。これが慣れてくると、皮膚が赤くならない程度の力加減がわかってきます。

2〜3日に1度程度で行なうと、徐々に毛穴も目立たなくなり、にきびの予防にもなるでしょう。

ただし、赤く腫れたにきびがある時に行なうことは控えてください。
赤いにきびを刺激すると、活性酸素が放出されてニキビを更に悪化させてしまいます。

ニキビが炎症を伴っているときは、セルフケアで対処せず、できれば皮膚科医の診断を受けることをオススメします。