×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび痕の治療 | ニキビ痕を残さない

ニキビ跡の治療

今現在、進行中のにきびに悩んでいる人もいれば、昔にきびができていたときにつぶしてしまった、自己流のケアをしていたためににきび痕が残ってしまって悩んでいる人もいることでしょう。ここでは、にきび瘢痕についてご紹介します。

にきび瘢痕

とくににきび痕には、茶色く色素沈着してしみになっている場合、皮膚が陥没している場合をにきび瘢痕といいますが、毛細血管が拡張状態などがあり、悩みも深いようです。

色素沈着によるしみなら、ケミカルピーリングやレーザー治療で目立たなくなることもあります。

ある種のフラッシュランプによる光を皮膚に当てることで、血管が壊されて赤みを取るという治療法もあるようです。

にきび瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法があります。にきび瘢痕の中でも浅い陥没の場合は、グリコール酸ピーリングを行なうことでその陥没の段差が少なくなって目立たなくなることもあります。

深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるようです。
また、にきび瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような状態の場合は、外科的に切って縫い合わせる方法やステロイド薬を局所注射する方法が行なわれたりすることもあります。

こうしたニキビ跡の治療は殆ど保険が適用されず、実費治療となってしまいます。また、特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進めて下さい。

いずれにしても、にきび瘢痕を治すのは大変な治療となります。ですから、できるだけにきび痕を残さないよう、にきびが軽症のうちに正しい治療を行なって完治させることが大変重要です。

ニキビ跡(にきび痕)関連エントリー