×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ痕を残さない

にきび痕について

みかんの皮のようにデコボコした肌、月面のクレーターのような大きなくぼみができてしまった肌、こんなにきび痕(ニキビ跡)に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

にきびが悪化し炎症を起こしたあと、破裂して膿が出て、上手くいけばきれいになおりますが、下手をするとにきび痕となって残ってしまいます。

にきび痕とは、どのようにしてできるのでしょうか。

人間の皮膚は、傷ができても数日で治ってしまうように自分で治す力を持っています。そのとき、固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治します。毛穴にも同じことが起きていて、にきびが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まってきて開いた毛穴がそのまま固まってしまったのがにきび痕となってしまいます。

小さなにきび痕は単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまったく違うものです。毛穴の開きならキュッ締めてと治すことができますが、にきび痕はそう簡単にはいきません。

しかし、にきび痕は赤ちゃんの肌のようにすべすべに治すことは出来ませんが、お金と時間をかけて徐々になめらかにするピーリングという方法もあります。

ピーリングは、続けることで肌のデコボコを小さくしていきます。しかし、肌への刺激が強いため素人が行なうとリスクを負うことになるため、ピーリングを希望されるときには必ずプロに施術してもらってください。

美容皮膚科での治療には、ダイアモンド粒子を肌に吹き付けて研磨していくという手法でデコボコをなくすダイアモンドピーリングや、毛穴にコラーゲンなどを注入して見た目に肌を平らにする方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがあります。

こうした皮膚科での治療も、厳しい目で施術者を選ぶ必要があります。
大切な肌を託すわけですから、信頼のおけるドクターにお願いしたいものですね。

ニキビ跡(にきび痕)関連エントリー