×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび治療−非炎症性 | ニキビ痕を残さない

にきび治療−非炎症性の場合

にきびの種類には、赤く腫れている炎症性のものと、皮脂が毛穴につまっているだけの非炎症性のものとがあります。
特に、非炎症性のにきびの場合、自分でなんとかケアしてしまおうと考える人も多く、わざわざ皮膚科を受診する人は案外少ないのかもしれません。

しかし、ニキビは間違ったケアを続けたり、あるいは放っておくと、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうこともありますので、早い段階で正しいケアを施して早めに完治させておくことが大切です。

非炎症性のにきびの治療は、皮脂の分泌を抑えて毛穴に詰まった皮脂を出やすくしてやることでニキビの症状が改善されていきます。治療にはホルモン剤や外用薬イオウが用いられます。ホルモン剤として用いられるジオール、メサルモンFは、いわゆる総合女性ホルモンで、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

皮脂の分泌には、男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされているため、一方の女性ホルモンを内服してアンドロゲンの作用を抑えてしまおうという考え方に基づくものです。

また、イオウを含むローションをにきびの部分に塗る方法では、毛穴を広げることで詰まった皮脂を出やすくしようとするものです。しかし、イオウの作用から皮膚を乾燥してしまうというデメリットや、黄色い粉が浮き出るため、外出時には使いづらいという欠点もありますので、夜はそのまま使用し、朝はローションの上澄みだけを使用するという工夫も必要ですね。

一例ですが、クレアラシルのような薬は、イオウとレゾルシンを含んでいて、比較的使いやすいようです。

にきび治療関連エントリー