×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびと活性酸素 | ニキビ痕を残さない

にきびと活性酸素

青春のシンボルと言われる思春期のにきびが、主に皮脂の分泌過剰によってできるのに対して、大人の女性に発症するニキビは皮脂分泌に加え食生活や体質、加齢、ストレスによるホルモンバランスの乱れが大きな要因となっています。

仕事や人間関係によりストレスがかかると男性ホルモン値が上がり、皮脂分泌を過剰にしてしまいます。

皮脂分泌が増えると、ホース状の毛穴の内圧が上がってふくらんでしまいます。
その状態でいつまでも皮脂が詰まっていては大変なので、細胞はリパーゼという酵素を生産して皮脂を遊離脂肪酸という酸に分解します。

遊離脂肪酸に分解されれば詰まっていた脂はなくなり内圧が上がることはなくなりますが、遊離脂肪酸の毒性のために皮膚を刺激して破壊してしまいます。

また遊離脂肪酸は、皮膚に存在するリンパ球を活性化して、活性酸素を産出してしまいます。 [ ※ 活性酸素(かっせいさんそ)は、酸素が化学的に活性になったもので、非常に不安定で強い酸化力を持っています。]

活性酸素の刺激で皮膚が炎症を起こし、赤にきびへと発展するひとつの原因になります。
炎症を起こしたにきびは、皮膚の深い部分にある真皮層の組織まで破壊してしまい、にきび痕が残りやすい傾向があります。

つまり、大人のにきびは皮脂の分泌過剰をきっかけに発症する、活性酸素の病気と言えそうです。
皮脂分泌を抑え、活性酸素を消すのに有効な成分として、ビタミンCやフルーツ酸、油溶性甘草エキスなどが挙げられます。
またストレスに負けないように神経細胞を活性化させるビタミンB群もにきびには有効です。
これらの成分は、効き目がおだやかなので、体質を整えるつもりで摂取するとよいでしょう。

ニキビとは?関連エントリー