×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびは青春のシンボル? | ニキビ痕を残さない

にきびは青春のシンボル?

にきび,青春のシンボル,思春期,男性ホルモン,皮脂 にきびは中学、高校頃の思春期に出来やすいために「青春のシンボル」などと呼ばれます。
青春のシンボルといっても、顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、真剣に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

では、なぜこの時期ににきびが出来やすいのでしょう。

それは、思春期は性ホルモンのバランスが急激に変化して、男性ホルモンのアンドロゲンが活発に働くため、皮脂の分泌を活性化させることになるからです。

このアンドロゲンは、男性ホルモンとはいっても、女性の体内にも、もともと存在するものです。皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴という出口を通り皮膚の表面に広がっていくのが本来なのですが、あまりに分泌量が多いと排出しきれず毛穴の中にたまってしまいます。

それと同じくして不要な角質と皮脂が混ざり合って毛穴にふたを作ってしまうこともあります。角栓と呼ばれるこのふたができてしまうと、出口を失った皮脂がどんどん毛穴の中にたまり、それがにきびとなるのです。
若い頃ににきびができるのは仕方のないこと、と放置するのではなく、原因を知って対策をすることで、後々にきび跡に悩まされることも減ってくるのではないでしょうか。

また、青春のシンボルに対して二十歳を過ぎてからのにきびは「吹き出物」と呼ばれて別の扱いを受けてしまうこともありますが、十代でも二十代でも、にきびは皮膚の病気であることに違いはありません。
三十代、四十代にできる「大人にきび」に悩まされて皮膚科を訪れる人も増えているそうです。
もはや、にきびは青春のシンボルではなく、どの年代にも現れる可能性のある皮膚の病気となっているのが現状のようです。

ニキビとは?関連エントリー