×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白にきびと黒にきび | ニキビ痕を残さない

白にきびと黒にきび

にきびと聞くと、皮膚の上に赤く腫れ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いでしょう。実際に、にきびで悩んでいる人は、そのように炎症を起こしているにきびが発症しているケースがほとんどです。

しかし、にきびにはいくつかの種類があり、症状も多彩です。
また、軽いものから重いものまであります。

ここでは、まだ炎症を起こしていないにきびである「白にきび」と「黒にきび」について説明したいと思います。
まず「白にきび」ですが、これは毛穴にコメドができて、たまった皮脂が透けて見える状態を言います。
コメドとは、角栓が毛穴に詰まって皮脂の出口がふさがれてしまったものを言い、小さくぶつぶつして見えます。
毛穴の周辺で角質層が厚くなり(角化)、毛穴に角質が詰まってしまい、これが皮脂と混ざって脂のかたまりのような栓になってしまいます。
次に「黒にきび」ですが、これは皮脂が空気に触れて酸化し、ほこりや汚れなどを吸着して毛穴の表面が黒く見えるものです。
黒にきびは鼻の頭や頬に目立ってできることが多いです。

白にきびも黒にきびも、まだこの段階では炎症を起こしていないので、早めにケアすることで炎症を伴う赤にきびへの進行を防ぐことができます。
また、そのまま自然に治ってしまう場合もありますが、アクネ菌が毛穴にたまった皮脂を栄養にして繁殖してにきびを悪化させることもあるため、侮ってはいけません。
きちんとしたスキンケアにこころがけ、にきびの悪化を未然に防ぎましょう。

ニキビとは?関連エントリー