×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ痕を残さない!〜手作りのにきび薬−ドクダミ

手作りのにきび薬−ドクダミ編

民間薬として有名なものに、ドクダミがあります。
ドクダミは北海道以外の日本全国に自生しており、刈り取って乾燥させて家庭で健康茶として飲用している人も多いことと思います。

ドクダミはハート型のかわいらしい葉の形をしていますが、それとはうらはらにかなり強烈なにおいを発します。
そのにおいのもとになっているデカノイドアルデヒドという成分が、薬効成分の一つとなっています。この成分には強い抗菌力があります。しかし乾燥させてしまうとにおいが弱まると同時に、効力も弱まってしまうので、にきびやおできの治療にはやはり生のまま使う方が適しています。

にきびが化膿してしまったときには、ドクダミとユキノシタの絞り汁が効果的な薬となります。
ドクダミとユキノシタは、摘みたての新鮮なものを用意して丁寧に水洗いするか、熱湯をさっとかけて殺菌してから、別々にすりおろして絞り汁を取ります。そして、ドクダミとユキノシタの絞り汁を同量ずつ混ぜ合わせたものを、ガーゼにしみ込ませてにきびの化膿した部分を湿布します。

ドクダミだけでも効果は得られますが、どちらにしても新鮮なものの方が抗菌力が強いので、できるだけ新しいもので作ってください。

また、普段からにきびができやすい人は、ドクダミの煎じ汁をお茶代わりに飲むとにきびができにくい体質になります。
煎じ汁は、乾燥させたドクダミ15gを水600mlで沸かし、水が半分になるまで煎じます。ドクダミは6月から8月の花が咲くころに刈り取って、水洗いしてから日干しで乾燥させてください。

ニキビの薬関連エントリー