×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手作りのにきび薬−ハトムギ編 | ニキビ痕を残さない

手作りのにきび薬−ハトムギ編

最近の健康ブームによって、ハトムギもすっかり定着しています。お茶にして飲んだり、ご飯に混ぜて食べることもできます。そこで、ハトムギのもつ効果をご紹介します。

ハトムギの効果

ハトムギがもっとも効果があるとされるのが利尿作用で、身体のむくみや関節に水が溜まる場合にも効果的です。また、イボ取り作用があるというのもよく知られていますが、これはハトムギには強力なタンパク質分解酵素が含まれており、皮膚の老廃物や正常でない細胞を排除する働きがあるためです。

イボ取りには、毎日のご飯に殻を取ったハトムギを一緒に混ぜて炊いて食べると効果があると言われます。また、炎症を鎮めたり、痛みをやわらげる作用のある成分も含まれていたり、血液を浄化する働きもあります。血液をきれいにして細胞の新陳代謝を促進することで、しみや肌荒れ、にきびをよくする効果が期待できます。

ハトムギの薬

これら肌荒れやにきびにつけるための薬を家庭で作ることもできます。
用意するものは、殻をとったハトムギ250gと日本酒720ml、そして密閉できる容器です。
作り方は、まずハトムギを水洗いしてざるに上げ、水気をきっておきます。
密閉容器に水気を切ったハトムギを入れ、日本酒を入れてふたをします。
冷蔵庫で1週間くらい漬け込んだあと、ハトムギを漉して取り除きます。
冷蔵庫で保存してください。

使い方は、洗顔後など肌を清潔にした状態で、この液をコットンにたっぷりしみ込ませて肌につけます。
有効成分がしみ込みやすいように、入浴後の毛穴が開いているときに使うとより効果的です。

ニキビの薬関連エントリー