×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手作りのにきび薬−はちみつ | ニキビ痕を残さない

手作りのにきび薬−はちみつ編

はちみつは、ただ甘いだけの食べ物ではなく、健康増進に役立つ食べ物であることは広く知られています。
はちみつの殆どがブドウ糖と果糖で構成されますが、その他にタンパク質や乳糖、リンゴ酸、ビタミンB群、カルシウム、パントテン酸など、さまざまなビタミンとミネラルも含まれています。

よく唇が荒れた時などにははちみつを塗ると効く/q>といわれますが、これはビタミンB6とナイアシンの働きによります。肌荒れにも効果があります。また、はちみつには殺菌力もあることから、にきびにも効果が見られます。

そこで、ここでは【はちみつ軟膏の作り方】を紹介いたします。

【用意するもの】 はちみつ20g、亜鉛華末1g
亜鉛華末は酸化亜鉛の粉末で、薬局で買うことができます。
また分量は、はちみつと亜鉛華末を20:1の割合で混ぜればよいだけですから多目に作っても結構です。

【作り方】 はちみつに亜鉛華末を加えて、均一に混ざるように丁寧に練り合わせます。作り置きする場合は、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。

このはちみつ軟膏をにきびや切り傷などの患部に塗ります。肌が弱い人は、ガーゼの上から塗るとよいでしょう。べたべたするので、塗った上から絆創膏などを貼るのがよいと思います。この軟膏は、かさぶたに塗っても早くきれいに治す効果があります。

ちなみに、はちみつは白く濁るものほど純粋で、混ぜ物が入っていると結晶化しにくいため濁りません。
にきび薬を手作りする際は、ぜひ純粋なはちみつで作ってください。

ニキビの薬関連エントリー