×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびとタバコ | ニキビ痕を残さない

にきびにタバコ

たばこが健康に被害を与えることは、ほとんどの人が理解しています。
喫煙者本人にとっても、周囲でその煙を吸ってしまう人にとっても、悪いことばかりです。

にきびに対しても、同様です。
たばこが肌に悪影響を及ぼすことは容易に想像がつくと思いますが、実はにきびにとっても大きなダメージを与えます。
たばこを吸っていると、ニコチンの作用によって大量のビタミンCが消費されてしまいす。ビタミンCには抗炎症作用があるため、煙草によってビタミンCが不足するとからだの各部で起きている炎症が抑えられなくなってしまいます。

にきびは毛穴が起こしている炎症ですから、そのビタミンCが不足していると炎症を抑えるための手助けができなくなるということです。
また、ビタミンCは、古くなって使いものにならなくなったコラーゲンを新しいコラーゲンに置き換える役割を果たしています。
そのため、ビタミンCが不足するとしわやたるみがあらわれたり、毛穴の引き締め力が落ちてしまうこともあります。

たばこは末梢血管にも影響を与え、収縮させてしまいます。すると血行が悪くなり、毛穴を硬直させてしまったり、にきびの回復力も落としてしまいます。たばこは、まさに「百害あって一利なし」で、にきびにとってもタバコはタブーといえます。

命にかかわるような重大な病気をして医師から指示されて初めて禁煙を試みる人もいるようですが、にきびくらいならいいじゃないかと軽く考えずに、予防医学の観点からも、また今の健康を維持するためにも、たばこは吸わないに越したことはありません。

にきびの原因とタブー関連エントリー