×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレスと皮脂の関係 | ニキビ痕を残さない

ストレスと皮脂の関係

にきびの原因のひとつである皮脂は、男性ホルモンの働きによって活発に分泌されることがわかっています。
男性ホルモンといっても、女性にももともと存在するホルモンで、その分泌量が盛んになる時期というのが思春期にあたります。

そのため、にきびは青春のシンボルという呼ばれ方もしますね。
女性の男性ホルモン値がピークになるのがこの16歳〜20歳の頃ですが、実は30歳代後半から40歳代にかけても男性ホルモン値は高くなり、2度目の皮脂分泌時期を迎えるのです。
それは、女性は30歳代後半になると女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少するためです。

しかし、はたらく女性が増えた現在、ストレスから女性ホルモンのエストロゲンが低下し、本来なら30歳代後半から始まる男性ホルモン値のピークが20歳代後半に早まってきているというケースも増えているようです。

ストレスよって自律神経のバランスが崩れると、交感神経が優位になり心身ともに攻撃的な状態になります。

攻撃的な状態が続くと男性ホルモン分泌も高まって、皮脂が過剰になります。
仕事でうまくいかない、上司と常にぶつかって敵対関係になっている、残業続きでイライラが積もっている…そんなとき、あなたの肌はアブラでテカテカになっているかもしれません。

たとえうまく仕事が進んでいる人でも、バリバリ仕事をこなしている女性は軽度の攻撃状態(バトルモード)が長時間続いているような状況が続いていることになります。

時にはリラックスして、副交感神経を優位にしてあげましょう。
好きな音楽を聴いたり、アロマを使ってゆっくり入浴したり、ホッとする時間をたくさん作って上手にストレスを発散させてください。

にきびの原因とタブー関連エントリー